サイトメニュー

優秀な新人に危険が迫る

悩む女性

早期治療がベストな方法

最近の傾向に、新入社員の早期退社が目立って来たことが挙げられます。せっかくの就職競争に打ち勝って来たのですが、入社早々夢も希望もなくなってしまったと考える人が多いのでしょう。また辞めるまでに至らなくても、5月病と言ったうつ病の症状を見せる人も多くなりました。両親や学校の先生などから怒られることなく育ったことから、社内での強い注意にも抵抗を感じてしまうことが多いことも原因と言われます。今まで接して来た大人たちは優しく丁寧で親切だったものが、命令される立場になり自分の弱さを初めて経験する訳です。新入社員が経験する挫折の一つが、自分が考えるほど世の中は甘くないと知った時と言われます。入社早々営業で実績が出る訳でもありませんし、社内における意思疎通もキチンと出来る訳ではありません。仕事が思うように進まないなどの焦りからも、うつ病を発症してしまうことも有り得るのです。そのため学生時代に優秀だった人ほど、このうつ病にかかってしまうケースが増えていると考えられます。うつ病にかかる人は、それぞれに理由が違って来ます。新入社員がこの病気にかかる主な理由として、夢と希望と現実の差が大きすぎたことが一番と言われます。こんな仕事をしたいと考えて入社したのですが、与えられる仕事は誰でも出来るような仕事で張り合いがないなどが考えられます。または仕事の量について行くことが出来ず、自分の裁量に悩みを持つ場合もあります。そして最近では社内における交流が苦手と言う人も多く見られ、強要されることで会社へ行きたくないと考えてしまう場合もあるようです。新入社員がかかるうつ病は、早い時期に判ることから治療を積極的に行うことで回復も早くなると言われます。社内においてもストレスチェックを行うことで、早期の判断が出来る訳です。うつ病の改善には、ストレスからの解放が一番と言われます。本人を含め周囲の人たちからの応援も必要になりますが、気持ちを安定させることに努めることです。社内や家庭だけで無理と判断した時には、医療機関の力を借りてでも回復に努めるべきです。医師との診断で投薬が必要とすることもあるからです。

Copyright© 2018 新入社員は要注意!うつ病について【心の負担がうつ病を患う原因】 All Rights Reserved.