サイトメニュー

心療内科が必要なとき

診察

しっかりとした対応が必要

不幸にも新入社員を会社に雇い入れたにもかかわらず、その社員がうつになってしまうことがあります。こうした時は使えなくなったからすぐにクビにしてしまえば、それで問題は解決するという話ではありません。対応に気をつけるようにしましょう。もしも対応を間違えてしまうと大変な問題になってしまう可能性があります。昨今は社会的にも企業の倫理的な対応が求められる時代です。もしも自分達の会社のせいで新入社員がうつになってしまって、何のケアもしなかったことが世間にバレてしまえば、相当に厳しい制裁を受けることになってしまいます。こうなってしまうと今後の会社経営にもかなりの支障が出ることになりますので、うつになった社員をしっかりとケアしていく姿勢が求められてきます。具体的にはまず初めに精神的な悩みを解決してくれる専門の病院を頼るようにしましょう。こうしたところに行けば専門家がきちんと検査してくれるので、診断書を発行してくれたり、必要とあればうつに効く薬を用意してくれるので、手助けになります。新入社員の多くは若い人たちで、まさか自分達がうつにかかるとは想定していません。何か体調がおかしい、体が動かないなどの自覚があったとしても、それがなぜなのか自分達でもわかっていないケースが多々あります。そのため、心療内科で見てもらう前に、うつであることを新入社員に対してまずしっかりと説明していく必要があります。そのような対応をせずに、いきなり病気の認定をしてしまうと、当の本人も激しく動揺してしまいます。中には体が動かないのにもかかわらず、無理に会社に来てしまい、さらに自分の体調を悪化させてしまうこともありますので注意が必要です。病院に行く前にまずは本人としっかりと話し合い、本人に自分の状態を客観的に理解させる必要があります。また、具体的にどのように調子が悪く、どのぐらいダメなのか聞けるのならば、聞いておきましょう。そうしておけば病院にいったときに手助けになります。人によっては医者の前で強がりすぎてしまう人もいますので、聞ける機会があり聞いておけば、心療内科での検査がスムーズになります。

Copyright© 2018 新入社員は要注意!うつ病について【心の負担がうつ病を患う原因】 All Rights Reserved.